ダイエット作戦敢行中の我が家の犬

家で飼っているミニチュアダックスが最近太ってきたので、ダイエット作戦を敢行しています。
ミニチュアダックスは、太りやすい体質もあるのかもしれませんが、ちょっとおやつをあげすぎていた気がします。
体重が重くなると、ヘルニアになりやすくなると聞いたので、心を鬼にしてダイエットをさせようと思っています。

家の犬はなぜかあまり散歩が好きではないので、散歩で体重を落とすのが大変です。家への帰り道でないと本気で歩こうとしないので、
散歩に行くときは自転車のカゴに乗せて遠出をしています。それでもとにかく近道をしようとするので、散歩をする時は、
いつもリードの引っ張り合いになっています。

他の犬は分かりませんが、家の犬は人の食べている物は何でも欲しがるので、最近は何か物を食べる時は犬から隠れて食べるようにしています。
たださすがに犬だけあって嗅覚や聴覚がすぐれているので、パッケージを開けるガサガサっという音が聞こえるとすぐに飛んできます。
飛んできてクゥーン、クゥーンと可愛くなくので、私はついつい物をあげてしまうのですが、これが太る原因だと家族によく怒られます。
ちなみに家の犬は、本当に何でも食べます。すっぱいみかんやお茶も大好きです。何でも食べる犬の方もちょっとは悪いと思うのですが。

フィリピン人のママとのお茶飲み

近所に引っ越してきたフィリピン人の若い奥さん。
最初はお友達もできずに寂しそうだったが、おせっかいやきの母のおかげで今は近所の人ともちょっとはしゃべったりしている。

さすがに旦那さんが日本人というのと、日本で暮らすんだという気概があるからなのか日本語の習得が速い。
3歳くらいの娘さんもいろんな言葉をしゃべるが一番流暢なのは日本語である。

彼女は見た目に小柄でスタイルもよく、ちょっと色黒ではあるがまつ毛の長いかわいい系の美人である。
これでちょっとたどたどしい日本語とか離されたら、年上の旦那さんはたまらなくかわいいであろう。
親指以外のすべての指に指輪をはめていたりするが、服装もパッと見はカジュアルで嫌みがない。

もちろん英語などと織り交ぜておしゃべりすると、日本語だけの時よりうれしそうである。
彼女の母語は英語ではなくタガログ語なので、おたがい第2言語ということで私もプレッシャーがあまりない。
それに英語がカタカナ表記というか、いわゆる欧米人が話す英語よりも聞き取りやすい。
フィリピンというのも「ピリピン」といってるように聞こえるのだ。

彼女の家でお茶にしたときは、フィリピン料理というかスナックを作ってくれた。
バナナと炒めたような食べ物だったが、そのバナナがスーパーで買うようなのではなく特別なやつだった。
フライパンで炒めてもべちゃっとならないで、なんかモチモチしていた。
特別に仕入れたであろう貴重なバナナを出してもらってカタジケナイ気分。
こんどは日本のお菓子を手作りしてあげよう。

ご近所に野菜直売所がある喜び!

昨冬、リタイアして以来、荒天の日以外、毎日ご近所をウオーキング…というか、散歩しています。

買いものも、最寄りの駅に近い所はもちろん、渋谷に向って一つ手前の駅、一つ先の駅と、あちこちの店に出かけています。

さまざまなルートを開拓したのですが、フルタイマーだった頃には知らなかった「農産物直売所」に出会ったでは、
けっこうな驚きでした。

渋谷から電車で30分ほどのわが家。
30年ほど前には、農家も少なくなかったようです。
けれどそんな農家も、わが家引越してきた20年ほど前には、どんどん撤退していきました。

今では、駅から徒歩15分くらいのところは完璧な住宅街になっています。
そんな住宅の軒先に、何件か、農産物を販売しているところを見つけました。

冬の盛りには大根やニンジン、かぶ、長ネギ。みかんやキンカン、レモンといったフルーツもありました。
春になってくると、ほうれんそうや菜の花、ワケギ、昨日などは、タケノコやエシャレットも見つけました。
どれも、100〜200円(タケノコは、1000円以上だった。時価!)。代金は近くの缶に入れます。

聞くと、住宅街からさらに奥まったところに農地をもっている人びとがこしらえたものでした。
どこも、市場に出さずに無農薬でつくっている農家ばかり。

新鮮で美味しくて、今では、スーパーに行く前にまず直売所をのぞいて買い物をするくらい。
今頃になってはじめて、郊外に暮らす愉しみをみつけた気分です。

「根管治療」の先に待っていたもの

数週間前から、左下の歯の歯茎の中がドクドクと脈打つようになってきたんです。
運動をしたり、寝ている時にもそれは続き、これは下手をすると大事になるのではないかと思い、思わず近所の歯医者山に行きました。
そこで調べてもらったところ、歯茎の根の先に病気が出来ており、いわゆる「根管治療」をしなければならないと言われました。
根管治療というのは、歯の根の先に病巣があるため、根を洗浄して中に薬を詰めて治す方法です。
私は元々、歯茎が弱く、今まで何度も歯医者さんに通っては、歯茎の中にある病気を治してもらってきました。
正直、「またか・・」と思いましたが、もう覚悟を決めるしかありません。治療をしてもらうことにしました。

しかし、事態はさらに深刻になります。
というのも、普通は数回、根の治療をすれば病気も落ち着くんですが、麻酔をしているのに一向に痛みが消えないのです。
先生いわく、「病気がしつこくて、もしかすると歯を抜いて、歯茎の中を洗浄することも考えなければならないかもしれません」と言われました。

目の前が真っ暗になりましたが、それでも治るならと、近々、治療をしてもらう予定です。
皆さんも、歯の病気だけは自然に治るということがないので、早目に歯医者さんに行って診てもらったほうが良いですよ。

スキンケアが楽しい毎日

最近スキンケアがすごく楽しくなって、毎日朝夜、肌に触れるのが楽しみになっています。

きっかけとしては、家族のいただきもののスキンケア用品を使い始めたことからでした。
今まで使っていた物は、基礎化粧品も化粧品もとにかく安いものを、という考えから安価なもので、スキンケアも仕方なくしているという感じで……。
続けたところで、肌の調子は良くもなく悪くもなく、だったのでスキンケアにあまり興味を持てなかったんですね。

それが、そのいただきもののスキンケア用品を使い始めてから、肌がキレイになっているのを実感できたんです。
オールインワンのものなのでそれだけでスキンケアが完了できるので、面倒くさがり屋な私でも続けることができました。

後から知ったんですが、そのスキンケア用品は最近ネット上の広告やチラシでよく取り上げられている話題のもので、この効果も納得という感じでしたね。

そうやって肌の違いを実感できたおかげで、もっと気を使ってみようかなという気分になれました。
それから、基礎化粧品にヒアルロン酸液を混ぜてみたり、コラーゲン配合のスティックタイプのゼリーを食べてみたりと、色々試すようになったんです。

その甲斐あってか最近は肌の調子がすごくいいんです。
やっぱり見た目や手触りで変化が分かるとスキンケアも楽しくなるものなんですね。

きっかけを持ってきてくれた家族に感謝しつつ、これからも日々のケアを楽しんでいきたいと思います。